react-routerのpush時に遷移先コンポネントにpropsを渡したい

※結論から言うとpropsを渡すことはできないが代替策はある. 例えば, すでに遷移先で描画するためのデータを現在のページで持っている場合はそれを利用して描画を行い, 足らないデータを遷移後取得して更新したい. こんなユースケースがあると思う. そういう時は push({ pathname: '/users/1', state: { profile: { id: '1', name: 'PyYoshi', bio: 'Uooo', iconURL: 'http://example.com/icon.jpg' } } }); というように »

Unity 5.3.xのUnityFSの構造

Common AssetBundleヘッダー 以下を順番に処理 signature(cstring): UnityRaw|UnityWeb|UnityFSなど. 基本的にこの3つのどれか. format_version(int32): 6など. ファイルのバージョン. unity_major_version(cstring): 5.x.xなど. unity_version(cstring): 5.3. »

WIP: realm-jsのトランザクションが扱いづらい

React Native上でのおはなし 現状扱いづらい部分が2点ほど. トランザクション内で例外が流れてもロールバックされない write内で別のモデルを処理しようとしても動かない 不便!!! って記事書こうと思いつつ再現コード書いてたら上の問題ぜんぜん起きなかった! なぜだ!!!!!!!!! そのときのコード 引き続き調査するー (2016/06/06 18:55更新) 2に関して どうやらasync/awaitでcreateとの間を挟むとだめなようだ. たぶんだけど これと同様に1もそれに関わる問題だと思われる. babelがどうpolyfilなコードに変換しているか調査しないとだめそう…? 該当コード babelによる変換後のコード »

天職?転職?

追記: 2016/06/29 いくつか件でお声かけていただきありがとうございます. まだ明確にいつ転職するか決まっておりませんが, 転職活動自体は7月末からやっていくつもりです. 9月から新たな環境でお仕事ができるように準備を進めていけたらと思っています. PythonとかGoとかJavascript(React.js)とか使える会社探し中. バックエンドからフロントエンドまで幅広くできるので, そういう会社を探してる. ただメインはバックエンドでサービス基盤の開発をやりたいと思ってる. とりあえず触れるもの一覧 言語 Go(現在のプロダクトで使ってる) Javascript(現在のプロダクトで使ってる) PHP(現在のプロダクトで使ってる) Python(Goが出るまで愛用. 今でもたまにflaskで遊んだり) »

react-nativeのImageコンポーネントのURLキャッシュの挙動

割りと困ったので備忘録 Imageコンポーネントを利用すると自動でリクエストをキャッシュするようになっているのだけど, 初回リクエスト時に500を返しちゃうと以降ずっと500だと認識しちゃって正しく動作しない問題にぶち当たりました. onError関数でエラーログを吐かせるとこんな感じに The operation couldn’t be completed. (NSURLErrorDomain error 500.) 経緯としては 0.26以前は画像URLがリダイレクト(301||302)するものを利用していると正しく画像が読み込めないバグが有ってそれを踏んでしまい, その後0.26.2へ更新したら上記のバグが再現するようになりました. 現状Imageコンポーネントのキャッシュを削除するAPIがJavascriptでは生えてないので一度アプリを削除する必要がある. これ開発している時に起きる分にはリセットで済むから良いのだけど, プロダクション環境で起きちゃうとユーザにアプリを再インストールする手間をかけさせちゃうから最悪だなー. いちよトリックはあって, »