Firebase Databaseでパスにuidを含めたユーザ権限周りをFirestoreでやるには

あきらめましょう 通常のKVSのようにドキュメントにオーナーのユーザIDを含めてセキュリティルールでオーナー以外を弾く設定をしましょう おわり . . . . . . っとしても良いのだけどどうせならexampleでも まずベースとなるモデルを定義します. このモデルをベースにモデルを作ります. // BaseModel.ts export default abstract class BaseModel { // ドキュメントオーナーのID readonly userID: string; // ドキュメントのID id: string | null; // ドキュメントの作成・更新日時 timestamp: Date; constructor( »